手元の視界も
足元の視界も
遠方の視界も

まだ見るべきものは、
たくさんある

白内障は、加齢プロセスの一環で、
ほとんどの人が経験します。

しかし、
眼内レンズを用いた手術をすることで、
視力はもちろんのこと、
近視や遠視、乱視なども一緒に改善できる、
「治せる病」でもあるのです。
まずは正しい知識を身につけて、
治療の選択肢を広げましょう。

2021年2月21日日曜日BS日テレにて日本アルコン提供の番組「NEOメディカル~あなたは大丈夫?意外と知らない白内障治療~」が放映されました。本サイトにて番組内容のダイジェスト版を公開いたします。

いつまでも“見える”喜びを。

ー 白内障手術で、再びあの頃のように ー

白内障手術を行った患者様に手術前後の暮らし方や手術についてお聞きしました。白内障治療の参考にご覧ください。

01 病気のこと01 病気のこと

病気のこと

白内障とはどんな病気なのか?
どんな症状を伴うのか?といった疑問に答えます。

詳しく見る
02 手術のこと02 手術のこと

手術のこと

手術の概要や前日〜当日の流れ、
術後のことまで、
気になる手術にまつわる情報をご説明します。

詳しく見る
03 眼内レンズのこと03 眼内レンズのこと

眼内レンズのこと

濁った水晶体の代わりとなる、
人工水晶体(眼内レンズ)の
種類と特徴についてご説明します。

詳しく見る

動画でわかる! 白内障

お知らせ

多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、令和2年4月1日より、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
医療機関によっては、国内で承認された多焦点眼内レンズを使用する白内障手術に係る費用の自己負担を軽減できる場合があります。

※選定療養の場合、多焦点眼内レンズに係る費用は自己負担ですが、それ以外の通常の診療については健康保険から給付を受けることが可能です。詳細は最寄りの医療機関へお問合せください。

日本アルコン
多焦点レンズ取り扱い病院を探す

(検索システム)免責事項

  1. 日本アルコン株式会社(以下、「日本アルコン」といいます。)の「日本アルコン 多焦点レンズ取り扱い病院を探す」 (以下、「本サイト」といいます。)が紹介する医療機関は、日本アルコンが取り扱う多焦点眼内レンズを採用頂いており、本サイトに掲載することのご了解をいただいた白内障治療実績がある医療機関のみ掲載しております。このため、白内障の診療をしている全ての医療機関を網羅できていない可能性があります。また、情報のアップデートに努めておりますが、掲載のタイムラグにより最新の情報でない可能性があります。
  2. 本サイトに掲載されている医療機関に関する情報は、本サイトを閲覧される方の意思に基づき利用されるものです。日本アルコンは、本サイトの利用に伴う結果、本サイト上の情報ならびに本サイトに掲載されている医療機関が提供する医療行為について一切の保証責任を負いません。
  3. 本サイトに掲載されている医療機関では、日本アルコンが取り扱う多焦点眼内レンズ関連製品を採用いただいておりますが、日本アルコンは、本サイトに掲載されている医療機関を管理するものではなく、実際の治療内容は、各医療機関において決定されます。
  4. システムのメンテナンス、天災等の不可抗力により、予告なく本サイトを一時停止すること、あるいは掲載基準に合致しなくなった医療機関の削除、または運営上の都合で予告なく本サイトを中止することがあります。

以上の免責事項をご承諾いただけましたら、「はい」ボタンをクリックして本サイトにお進みください。