合併症:白内障の眼科検索や白内障手術、症状や多焦点眼内レンズなど、白内障の情報サイト:白内障情報室

合併症

手術中の合併症

破嚢(はのう)

ごく稀に、にごった水晶体が入っていた袋(水晶体嚢)が、何らかの原因で術中に破れることがあります。これを破嚢といいます。この水晶体嚢に眼内レンズを入れるため、大きな破嚢が起こった場合には、手術前に予定していた眼内レンズを挿入できないことがあります。

手術後の合併症

後発白内障

眼内レンズを入れる水晶体嚢の奥側(後嚢)がにごって、手術後に再び目がかすむことがあります。それを後発白内障といいます。治療はレーザーを用い、簡単に短時間で、にごりをとることができます。

グレア・ハロー

強い光源を見た場合に強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。個人差はありますが手術後の時間の経過とともに慣れてくるといわれています。

単焦点と多焦点のイメージ図